予防歯科

medical

生涯に渡って
「健康なお口」を保つために
患者様がいくつになってもご自身の歯で美味しく食事ができ、
歯を削ることや再治療することのない「健康なお口」で過ごせるように…
あい大人こども歯科クリニックでは、
患者様が生涯に渡って歯にお悩みを抱えないように
一人ひとりに最適な予防や管理で、虫歯や歯周病を未然に防ぐように努めています。
  • *
  • *

悪くなる前の予防が
「健康なお口」をつくる

*

歯医者は「痛い歯を治すところ」だけではありません
ご自身の経験から多くの方が「虫歯は削って詰めたら治る」と思っているのではないでしょうか。しかし実際は人工物で補っただけで、痛みが取れて見た目がきれいになったとしても元の健康な歯に戻ったわけではありません。
時間の経過から肉眼では確認できないような小さな隙間ができ、そこから虫歯が再発するリスクもあります。その度に再治療を繰り返すと、どんどんご自身の歯が減っていきます。
しかし治療後や痛くなる前に歯科医院で定期的にメインテナンスを受けることで、痛い虫歯や歯周病にならず、治療・再治療の必要がない口腔環境へ改善することができます。
ご自身の歯でできるだけ長く食事をするためにも、歯を治すことから守ることを重要視するように意識を変え、痛くなる前に定期的にメインテナンスを受けましょう。

予防の効果をより高く
発揮させるために

*

効果的な予防に繋がる2つのケア
「プロフェッショナルケア」、「セルフケア」
予防歯科には毎日ご自身が自宅で行う「セルフケア」と、歯科医院に定期的に通って受けていただく「プロフェッショナルケア」の2つがあります。
予防歯科の効果を大きく発揮させるためには、どちらか片方だけでなく両方のケアを行うことが重要です。
ご自宅で行うセルフケア
  • *
    歯みがき
    毎日しっかりと磨いているから問題ない、と自分では思っていても実際には磨き残しがあることがほとんどです。
    ご自宅で適切な歯みがきを行っていくために、磨き残しの原因となる磨き癖の改善や自分に合った歯ブラシの選び方など、磨き残しのない歯みがきができるよう歯科医院にてアドバイスを行います。
    POINTPoint
    毛先の開いている歯ブラシは、歯にきちんと当たっていないので汚れが残ってしまいます。

    常に磨きやすい状態を保てるように、歯ブラシは1ヶ月に1本を目安として交換しましょう。
    • フッ素入り歯磨き剤
      フッ素を配合した歯みがき剤は、歯質の強化や虫歯の発生・進行を防ぐ働きがあります。フッ素入り歯みがき剤の使用で、歯みがきをより効果的に行いましょう。
      *
    • 歯間ブラシ・フロス
      歯ブラシを歯と歯のとても小さな隙間まで届かせることは難しいです。歯ブラシと一緒に歯間ブラシやデンタルフロスを併用し、細かい部分の汚れもしっかり除去しましょう。
      *
    • マウスウォッシュ・リンス
      就寝中はだ液の分泌量が減少し、細菌が繁殖しやすくなります。就寝前は殺菌力を持つマウスウォッシュ・デンタルリンスを使用してお口の中をしっかりと殺菌しましょう。
      *
歯科医院で行う
プロフェッショナルケア
    • 口腔検査・唾液検査
      歯と歯ぐきの状態やお口の中の細菌の数などを検査し、口腔内の状態を的確に把握することで、より最適な予防プログラムを一人ひとりに提案していきます。
      *
    • 歯みがき指導
      一人ひとりに合わせた歯みがきの仕方や歯ブラシの選び方などの指導を通し、ご自宅で行うセルフケアの効果をより高めるためのサポートをします。
      *
    • スケーリング(歯石取り)
      歯石はご自宅の歯みがきだけでは除去できません。しかし歯周病などの原因になってしまうため、歯科医院にて専門の器具を用いて徹底的に除去していきます。
      *
  • PMTC
    PMTCとは、歯科医院で専用の器具を使用して行う歯のクリーニングです。磨き残しから歯ブラシでは磨けないような歯と歯茎の小さな隙間まで徹底的にきれいにしていきます。歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布など)を利用して行うため、施術後は歯に汚れがつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防にも効果を発揮します。
    痛みのない、まるでエステを受けているような気持ちの良い施術です。予防はもちろん、汚れが落ちるので歯本来の白さも戻る、まさに一石二鳥の方法です。
    • 染め出し液で歯垢のチェック

      染め出し液で
      歯垢のチェック

    • *
    • フッ化物入りペーストを塗布

      フッ化物入り
      ペーストを塗布

    • *
    • 歯間や歯面をクリーニング

      歯間や歯面を
      クリーニング

    • *
    • 歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

      歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

    • *
    • フッ素塗布で歯質を強化

      フッ素塗布で
      歯質を強化

歯を失う原因は年齢ではない!

*

加齢と共に歯を失うのは当然…と思っていませんか?
歯は加齢により失われていくわけではありません。歯を失う原因の7割以上が虫歯と歯周病が占めていると言うデータがあります。したがって、歯を失うリスクを下げるためには虫歯や歯周病をしっかり予防することが最も重要だと言えます。
下は、歯科医院での検診(予防)の受け方と残存歯数の関係を比較したグラフです。50歳前後から大きく差が出始め、最終的に80歳では歯みがき指導のみの受診や歯が痛むときのみ受診していた方は多くの歯を失ってしまっています。しかし、定期健診を受診していた方は若い頃とほとんど変わらない残存歯数で、その差は一目瞭然です。
ご自身の歯をより多く残し、生涯を健康なお口で過ごすためにも定期検診をしっかり受けましょう。
年代別 歯科医院のかかり方と残存歯数
私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集中
ページの先頭へ戻る